スタッフブログ
村中日記

「村中ギャラリー」始めました

事務課/2019年11月11日

当院は外来診療を行なっていないので、待合室がありませんでした。
タクシー待ちのお客様は玄関内の小さなベンチをご利用していただいていましたが、これから寒くなる季節、暖かい場所で待っていだだけるようにと、旧リハビリ室入口脇に待合スペースを作りました。
ベンチ脇に書棚を置き、本や雑誌も置きました。
ベンチの後ろの白い壁がなんとも殺風景ということで、このスペースを「村中ギャラリー」にしました。
待合室を利用する方に楽しんでいただければと、展示物は1ヶ月ごとに変える予定です。
11月は職員のお母様が作られた「シャドーボックス」を7点展示しました。

シャドーボックスとは、17世紀のヨーロッパで流行した、立体的に作るハンドクラフトです。
元になる同じ絵柄を数枚使用し、各パーツを細密に何層にも切り重ねることによって立体感や丸みを持たせ、また影を作ることによって表情と奥行きが表現されています。
来院の際は、是非ご覧ください。

納涼祭&地域交流会を行ないました

事務課/2019年08月03日

8月3日、今年度第1回目の地域交流会を兼ねた納涼祭を行ないました。
今年は屋外で飲み物やケーキ、水風船ヨーヨーの屋台を設営しました。

患者様には引換券の代わりに「百万円」のお札を使い、久しぶりに買い物気分を味わっていただき、美味しいケーキを召し上がっていただきました。
室内では職員によるギター演奏と歌、お囃子のひょっとこの踊りが披露され、患者様とご家族の皆さんは一緒に手拍子をしながら楽しんでいらっしゃいました。
患者様より昔の歌をリクエストされ若い職員が困っていると、替わりに他の患者様がマイクを持って歌ってくださり、最後は全員で「故郷」を合唱し、和やかなムードで閉会致しました。

次回の地域交流会は12月の予定です。
皆様のご参加をお待ちしています。

自衛消防訓練を行ないました

事務課/2019年07月31日

7月31日、今年度最初の自衛消防訓練を行ないました。
まずは模擬通報、通報役のスタッフは消防署員役の事務職員に電話で通報します。
次は患者さん役のスタッフを担架へ移乗しての避難誘訓練です。
参加者全員で安全かつ迅速に対応出来るよう、確認いたしました。

ラバーに患者さんをお乗せして避難していただく訓練では、安全のためにスタッフが4人必要、担架ならば2人で運ぶことができるということで、担架をもう1台購入することが決まりました。
最後は中庭で水の入った消火器を用いた消化訓練です。
最近入職した職員や営繕担当の職員も加わりました。
皆さん年の功か(!)なかお上手でした。

当院では入院患者の皆さんに安心して過ごしていただけるよう、毎回消防共済会の指導の元、しっかり自衛消防訓練を行なっております。

都バス・西武バス「大橋」停留所下車 徒歩10分
市内循環バス(HMシャトル)「神明三丁目」から徒歩10分

ページの上へ